So-net無料ブログ作成
検索選択
ホーホケキョ となりの山田くん ブログトップ
前の1件 | -

ジブリ 豆知識 裏事情 『となりの山田くん』裏情報 [ホーホケキョ となりの山田くん]

スポンサードリンク




ジブリ 豆知識 裏事情『となりの山田くん』


『ホーホケキョ となりの山田くん』豆知識集!


・高畑監督の意向で、この映画デジタル彩色でありながら、水彩画のような手描き調の画面となっている。
これを実現するために、なんと通常の3倍もの作画(1コマにつき、実線、塗り、マスク処理用の線の合計3枚が必要となる)枚数にして17万枚が動員され、製作途中の画風模索もあり制作費が膨れ上がったとされる。


・実はジブリ作品の中で一番枚数を使っているのはこの作品である。


・ちなみに『もののけ姫』よりも制作費がかかっている作品である。


・原作のイメージと高畑勲監督の意向で、淡い水彩画風の本作は全体に白く見えがちだったことから、劇場向きではないとされ、それが観客不入りの大きな一因だと言われている。


・ジブリがいっぱいCOLLECTIONシリーズで初めてDVD版が発売された作品でもある。

・2013年11月公開の予定の『かぐや姫の物語』は、『となりの山田くん』以来の高畑勲監督作品となる。






スポンサードリンク




>>目次へもどるにはこちらからどうぞ♪


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
前の1件 | - ホーホケキョ となりの山田くん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。