So-net無料ブログ作成

千と千尋の神隠し あらすじ 声優 豪華キャスト! [千と千尋の神隠し]

スポンサードリンク




千と千尋の神隠し

・監督/脚本:宮崎駿

・製作:鈴木敏夫

・製作総指揮:徳間康快

・音楽:久石譲

・キャッチコピー:糸井重里
"トンネルの向こうは、不思議の街でした。"

・製作会社:スタジオジブリ

・配給: 東宝(アメリカ上映時はウォルト・ディズニーが配給)

・公開:2001年7月20日

・製作費:15億円

・興行収入: 304億円!


超豪華出演陣!!

・柊瑠美
・入野自由
・夏木マリ
・内藤剛志
・沢口靖子
・神木隆之介
・我修院達也
・大泉洋
・小野武彦
・上條恒彦
・菅原文太

 ...などなどそのほか多数!


あらすじ 1

10歳の少女、荻野千尋(おぎの ちひろ)はごく普通の女の子。
夏のある日、両親と千尋は引越し先の町に向かう途中で森の中に迷い込み、そこで奇妙なトンネルを見つける。
嫌な予感がした千尋は両親に「帰ろう」次に縋るが、両親は好奇心からトンネルの中へと足を進めてしまう。
仕方なく後を追いかける千尋。

トンネル出口の先に広がっていたのは、広大な草原の丘だった。
先へ進むと、誰もいない町があり、そこには食欲をそそる匂いが漂っていた。
匂いをたどった両親は店を見つけ、断りもなしに勝手に並べられた料理を食べ始めてしまう。
それらの料理は神々の食物であったために、両親は呪いを掛けられ、豚になってしまう
残された千尋は、この世界で出会った謎の少年・ハクの助けで、両親を助けようと決心する。


スポンサードリンク >>目次へもどるにはこちらからどうぞ♪ スポンサードリンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。