So-net無料ブログ作成
検索選択

ぽんぽこ 化け学徹底解剖!裏設定 詳細情報 [平成狸合戦ぽんぽこ]

スポンサードリンク






ぽんぽこ 化け学 裏設定 詳細情報




平成狸合戦ぽんぽこ〜化け学〜

化学とは―
人を脅かし、あるいは見誤らせる技術全般を指す。
身体の全組織組み替えの驚異」であり、擬態と比べてより高度なものであるという。

劇中では、タヌキ以外に化け学を身に付けているのは一部の猫のみとされる。
また、
同じタヌキであっても化け学の修得状況には個人差地域差が大きく、
舞台となる多摩丘陵は変化ダヌキは少なく、変化本能をほとんど失った並ダヌキが大半となっている。

一方で阿波、讃岐、伊予、佐渡など変化の伝統を守り続けてきた地域も存在し、
作中では多摩丘陵のタヌキ達が化け学指南役として四国佐渡から有名な変化ダヌキの長老たちを招聘している。

タヌキは
変身術(特にお化けや妖怪への変身)、
幻影や幻覚を与える能力
物体を他のより高価なものに化かす能力
人間への憑依
などの能力を持っている。

作中で演じられる様々な化かし方は、その大部分がきわめて伝統にそったものである。
また、
雄のタヌキは陰嚢を広げ、これを様々に変形させて非常に効果的に使用する。
ちなみに頭に葉を乗せることで変身するとの伝承があるが、これは精神集中の為の手段の一つでしかなく、これにこだわる必要はない。


スポンサードリンク




>>目次へもどるにはこちらからどうぞ♪


スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。