So-net無料ブログ作成

本当は『千とちさとの神隠し』だった!その理由が深いージブリ豆知識 [千と千尋の神隠し]

スポンサードリンク




本当は「千とちさとの神隠し」だったー深すぎるジブリ豆知識!

海外進出し、力を入れて臨んだ『もののけ姫が惨敗してしまい、宮崎駿監督が大変落ち込んでいた時のこと。

そんな時に、『紅の豚』のポルコ•ロッソのモデルになった佐伯氏の家族+プロデューサー家族+宮崎駿監督ファミリーの3家族でキャンプに行ったそうです。

そこで、佐伯さんの娘,ちさとちゃんの赤い靴が川に流されてしまい、それをみんなで拾おうとしてみんなずぶ濡れになり、そして大声で笑いあったそうです。

その出来事が響いた宮崎駿監督はそれをきっかけに元気を取り戻し、
『千と千尋の神隠し』が出来ていったようです。

そしてちさとちゃんに対する感謝の気持ちから、当初は映画タイトルを『千とちさとの神隠し』としていたのですが
ストーリーがまとまるにつれ性風俗産業に絡めた物語となったので、
名前を千尋に変更したようです。


ちなみに、
劇中で千尋の両親が豚になりますが、なぜ豚なのかというと千尋のモデルであるちさとちゃんの父親が紅の豚だから。


まさかまさかの裏話ですね∑(゚Д゚)!
さすがジブリ、深い豆知識が潜んでます!!

となると
佐伯さんは親子でジブリ作品の主役モデルになった、ということですね〜。
羨ましいー!






スポンサードリンク




>>目次へもどるにはこちらからどうぞ♪


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。