So-net無料ブログ作成
検索選択

ふしぎの町はあの世ー千と千尋の神隠し 都市伝説 [千と千尋の神隠し]

スポンサードリンク




千と千尋の神隠し 都市伝説 "ふしぎの町"はあの世

ネット上を中心に、一番多く囁かれてきた都市伝説は
油屋の世界はあの世では?
というもの。
※以下、原作に習い"ふしぎの町"と表記

劇中前半で車を運転していた父親が突然スピードをあげて
いざなわれる様にふしぎの町の入り口(トンネル)に向かっていくシーンがありますが、
この時に実は事故に遭っているという説が有力。
確かに事故に遭っていておかしくない猛スピードです。

これについて確かな理由として挙げられているのは、
まず千尋が向こうの世界(ふしぎの町)に着いたとき、
体が透けてなくなりそうになっていること。
これはこの時、完全に透けていたら死んでいたと思われます。

そしてトンネルを抜けて最初に三途の川と思えるところがあること。

そしてふしぎの町には人間は千尋一人しか出てこないのです。

すなわち生きている人間は通常入り込めない世界であることが推察されますが、
人間である千尋を『うまそうな匂いがするな』というシーンがあるように、
人間を食べる風習があることが伺えますので、
あの世、またはふとしたことで迷い込んでしまうパラレルワールドなのかもしれません。

現実世界ではない証拠として、
千尋たちが向こうの世界から帰ってきた時に何年もの月日が流れていたことが証明しています。
リップヴァンウィンクルや浦島太郎のように、
パラレルワールドに迷い込んで帰ってきた例を見ると
ほぼ例外なく"時間の流れが違う"のです。

千尋たちも向こうの世界からかって来た時、
車の回りの木が生い茂っていたり、
車の中がホコリだらけ
まるで何年もたっているような状態になっています。


まぁそもそも現実にはいない生き物(喋るカエルや八百万の神たちなど)だらけですので
現実世界ではないのは明らかですね。

あの世かパラレルワールドか...

そういった視点から見てみるのも面白いですよ(^ω^)


スポンサードリンク




>>目次へもどるにはこちらからどうぞ♪


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。