So-net無料ブログ作成
検索選択

千尋の仕事 湯女は売春婦⁈ 油屋が売春宿と言われるワケ [千と千尋の神隠し]

スポンサードリンク




千尋の仕事 『湯女』が○○婦と言われるワケ

湯女(ゆな)とは、江戸時代初期の都市において、銭湯で垢すりや髪すきのサービスを提供した女性である。
千尋やリンの仕事はこれにあたると思われるが、
イコール○○婦では?と都市伝説的に囁かれている。

なぜ湯女が○○婦なのか?
それは、下記のような歴史からである。


中世に有馬温泉などの温泉宿において見られ、次第に都市に移入された湯女

この湯女の仕事内容は、当初は垢すりや髪すきのサービスだけだったが、次第に飲食や音曲に加え○○をするようになったのだ。

朝から風呂を焚いて客を入浴させ、客の背を流す湯女たちは夜七つ(16時ころ)で銭湯は終わりにし、
その後美服に着替え、化粧し、風呂の上がり場にあてた格子の間をにわかごしらえの座敷にして、金屏風などを立て
三味線などを弾き、小唄を歌った。
まさに○○の真似事をそのまま湯屋でしたのである。


お風呂を召しませ」、「背中流しませう」などといい、
かゆいところに手が届くサービスが喜ばれ、江戸をはじめとした諸国で湯女が大流行した。

この流行から、湯女は○○でありながら吉原と同じく堂々と店をはって営業し、寛政の頃は元吉原と相対する勢力となった。
そのあまりののさばりように慶安4年に幕府によって湯女は制限され、こういったサービスは○○郭のみに限定するとし、湯女は禁止された。

禁止後は、三助と呼ばれる男性が垢すりや髪すきのサービスを行うようになり、現代に至っている。


そのような歴史から、千尋の仕事はこの湯女ではないか、と言われ
湯婆婆経営の油屋○○宿では?!とまで囁かれているが、
この件に関してスタジオジブリの公式発表は特にない。


スポンサードリンク




>>目次へもどるにはこちらからどうぞ♪


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。