So-net無料ブログ作成
検索選択

千と千尋の都市伝説 『赤い映像』問題 [千と千尋の神隠し]

スポンサードリンク




千と千尋の都市伝説 『赤い映像』問題

2002年7月に日本で発売された『千と千尋の神隠し』のDVDビデオカセットに収録されている本編が、劇場公開版やTVスポットなどと比べて映像が赤いとして、スタジオジブリや発売元、消費者センターなどに苦情が殺到した問題。

当初は『自分のだけ?』『怖い』など
都市伝説的に広がった。

が、その後すぐ公式見解が発表された。

スタジオジブリと発売元のブエナビスタは、DVD制作時の色調は意図的な調整を施しているためであり、「このクオリティが最高のものと認識しております」と説明した。

映画上映時のTVCMや上映用プリント、予告編やTVスポットなどはこの調整は施されていないため、両者の色調が異なっているが、あくまでDVD本編の色調が正しいとした。


ところが事態は収まらず、2002年11月に一部ユーザーが、販売元のウォルト・ディズニー・ジャパンを相手取り京都地方裁判所に提訴
正しい色調のDVDとの交換と慰謝料などを請求した。

この係争は2004年9月に和解が成立。
◎「ディズニー・ジャパンは購入者に誤解や混乱が生じたことに遺憾の意を表明する」
◎「今後DVD販売に際しデータを調整した時は明記する」
◎「原告らは請求を放棄する」
など全5項目の和解にて決着した。


- 余談 -

・第2回日本オタク大賞では、この色調問題に対し、皮肉を込めて金熊賞になぞらえて本作に「赤熊賞」を授与した。

・その後、北米、ヨーロッパ、韓国では、日本で発売されたものよりも、赤みの強くない映像が収録されたDVDが販売されている。

・日本テレビでの2003年1月24日の『金曜ロードショー』(開局50周年記念番組)での放送には、DVDと同様のマスターが使用され、以後も使用されるようになった。
2011年1月7日、日本テレビの『金曜ロードショー』で、初めてハイビジョンマスターにより放送。
赤みが大幅に軽減され、北米版DVDに近い赤みの強くない映像で放送された。


スポンサードリンク




>>目次へもどるにはこちらからどうぞ♪


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。