So-net無料ブログ作成
検索選択

千と千尋 油屋 館内見取り図 ガイドマップ [千と千尋の神隠し]

スポンサードリンク




千と千尋 油屋の館内 ガイドマップ


油屋 ガイドマップ 詳しく紹介!


★油屋(湯屋)
湯婆婆が経営する、八百万の神が体を休める温泉旅館である。

・油屋にはボイラー室エレベーターなど近代的な施設があるが、極彩色の純日本的な建築とミックスされ近代的でありながら古風デザインとなっている。

・油屋の施設は、
最下層にボイラー機械室
その上に従業員用スペース(湯婆婆とハク、釜爺以外の従業員達はそこで寝泊りする)
油屋正面とそれらの上階が油屋の営業スペース
中には大きな吹き抜けがある
下には様々な種類の風呂が配置されている
その上を取り囲むように宴会場や客室が配置されている
○さらにそれらの上、最上階(天の間)に湯婆婆の個人宅がある。
※その部分だけ洋風の建築様式となっている。

・油屋だけで独立した絶壁の上に聳えるように建っており、レストラン街や養豚場等の周辺施設は別の崖の上に配置されている。

・油屋ともう一つの崖とは橋で繋がっており、橋の下を海原電鉄(架線はない)が走っている。

海原電鉄単線の一方通行で逆向きには列車が走っておらず、専ら行きっぱなしである(釜爺曰く、昔は逆向きの列車もあったという)。

・途中には銭婆の家があり、千尋が降りた『沼の底』駅があり、ほかに乗客の降りる沼原駅なども出てくる。


スポンサードリンク




>>目次へもどるにはこちらからどうぞ♪


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。